古紙回収は資源を集めることです

現在は、電子機器が普及したとはいえまだまだ紙を使うまたは印刷する機会は多いと思います。となると、自然と使わない紙などが出てくるものです。そのまま捨てずに、野外で料理する時などに燃やすものとして使うこともできますが、あまり使う機会は少ないと思います。多くの場合、古紙回収してもらうと思います。今ではごみの分別などは日常になり、今まで燃やしていたものも資源として扱われるようになりました。市町村などによって、古紙回収の日にちは違うと思います。ですが、きちんと決められた日に出さなければいけません。せっかくの資源も回収してもらわなければ意味がありません。紙も重要な資源であることを再認識しなければいけないと思います。たしかに、最近は精密機器などの回収が目立っていますが、古紙回収も重要なことです。例えば、古紙回収をやめてしまえばごみの量が増えてしまいます。


なにより、焼却施設の負担が大きくなるのは間違いありません。たしかに、現代では出版物よりも、電子機器を使って本を読むというのが当たり前になりつつありますが、普及するにはまだまだ時間がかかると思います。それに、完全に普及しても印刷物は消えることはないと思います。なぜならば、紙も立派な資源だからです。資源である以上、それを集める古紙回収も続いていくことでしょう。ですが、だからといって無意味に古紙になるものを買いすぎないようにしましょう。古紙といえども大量になると、とても重いものになります。もちろん、情報収集などで読みたい本があるのならば仕方ありませんが、読み終われば出来る限り早めに古紙回収しましょう。部屋の中にあっても資源にはなりません。有効活用してもらうためにも、一度部屋の中にある古紙をまとめてみませんか。何年も読んでいない本や雑誌などがでてくることがあります。見つけてしまった場合は、速やかにまとめて古紙回収してもらえる場所に置きましょう。言うまでもありませんが、市町村によって何かを貼らなければいけないなどの決まりがあると思いますので、よく確認してからにしましょう。古紙を自分で有効活用できるのであれば、回収してもらわなくてもいいと思いますが、実際には難しいことだと思います。


物置などに古い雑誌などをそのままにしていませんか。それは間違いなく資源です。ならば、再利用してもらうように片づけましょう。きっと、物置なども綺麗になっていい気分になっていると思います。